八重洲技建

Design for each “Quality of Life”.

地域の協定に沿って前面植栽した庭 福岡市西区 新築外構

246 views
約 4 分
地域の協定に沿って前面植栽した庭 福岡市西区 新築外構
外構工事費用約330万円
注文住宅メーカーと協議・外構デザイン・施工八重洲技建

地域の協定に沿って前面植栽した庭 福岡市西区施工事例©八重洲技建

家の外観にふさわしく調和する色調・素材
住宅の生活空間の延長として自然なデザイン
オープンとクローズのメリハリ、ガレージとガーデンスペースを充実

家のデザインが映える外構

  • 道路から高低差約80cmひな壇宅地の外構工事
  • 住宅基礎を「深基礎」にして、スッキリした外観と駐車スペースを確保

建物の計画段階で施主様とハウスメーカーさんとの打合せに当社も参加し、高低差や駐車レイアウトを綿密に詰め、一部基礎を深くする設計にして着工いただきました。
これで、駐車場が広く取れ、土留め擁壁工事が不要になりました。

建物「深基礎」部分のガレージ植栽


外構デザインについては、施主様の思いがこもったモダンでスッキリとした家の印象が映えるように、注意深く行いました。
住宅の壁は、ハウスメーカーさんオリジナルの貝殻が入った真っ白な塗り壁です。外構でも寒水石を入れたジョリパットのかき落とし風仕上げにしました。

地域協定による植栽規定に従って道路側に花壇を設け、マーブル調のピンコロを積んで柔らかい印象を出しました。

地域の植栽協定に従った外構壁と植栽


ガレージ舗装は、周囲とセンターにスリット溝をつくり、化粧砕石を敷き込みました。これは表面から雨水を逃がす機能を兼ね備えたデザインになっています。

植栽は季節ごとに楽しめるように花木やもみじを植えました。玄関を入ると、ピクチャーウィンドウが正面にあって、秋には紅葉、春には新緑を楽しむ事ができます。

施工前
施工中

工数を少なく安く抑えて見栄えのあるお庭にするコツ

新築時の外構工事費用をもっとも安く抑えて見栄えのあるお庭にするコツは、建築計画の初めから一緒に計画することです。
住宅ローンに組み込めば、家の形と一緒に落ち着いて考えることができ、資金も新生活も両方バランスよく見通すことができます。
外構の出来栄えや機能が家の快適さと使い勝手を左右します。一生の買い物ですから満足いく結果にしなければなりません。

外構やお庭を、家のおまけとして、着工後や完成間近に考えるお客様がいらっしゃいますが、資金面でも出来栄えでも得策とは言えません。
家の話だけを先に進めて、外構の話が数分で終わってしまう工務店やハウスメーカーさんは感心できません。

  • 建築工事の中でハウスメーカーにどれだけ造成や擁壁工事をしてもらえるかで、外構造園の工事金額が変わってきます。
    建築計画の時に外構計画をご相談いただくことで、余計な費用を抑えられ、他を充実できます。
    当社は建築もしておりますので、建築のご助言もすることができます。
  • 事前に土地探しの段階から、地形による外構工事金額の変動を検討されることをぜひお勧めします。
    特に高低差のある土地では、外構工事に百万円単位の増額が出ることがあります。さらに最近では豪雨時の排水の問題も重要な問題になっています。
    (当社別ページ参考記事「土地条件・法規制」へリンク)
新築+外構3D平面図©八重洲技建
注文住宅新築では、外構工事まで一体でライフスタイルや費用を考えましょう。>>『外構スタイル・新築外構費用』のページはこちらへ

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)