八重洲技建

Design for each “Quality of Life”.

インテリア・外観選び

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

インテリア選び、外観・外壁・屋根選びは、家づくりの山場です

  • キッチン・浴室・家具の寸法は、設計の前から施工店と相談して共有していれば、間取りレイアウトに後悔がありません。
  • 好きなイメージのある資材やメーカーをあらかじめ知っておくことで、自然な流れで設計士・工務店と打合せが進みます。
  • 好きな家具の寸法やイメージが、家に合うか、規格や間取りのために諦めることも出てきます。ご希望ご相談に柔軟にじっくり対応する住宅メーカー選びをするのも大切です。
  • 外構についても、家と一緒にローンに組み込むことができます。予算とプランを新築やリフォームと一緒に考えておくことで、出費を抑えられる部分が出てきます。
  • インテリアや設備の仕様、デザイン、色は、着工前までに決定しなければなりませんが、それまでに間取りや窓レイアウト、設備、構造の打合せに時間も気も取られがちです。
  • 『おまかせ』で施工店からの提案を待って、それから好みのものを他にあれこれ探し始めると間に合わないかもしれません。
  • イメージがゼロで始める家づくりの場合、ご自分とご家族の生活スタイルや希望を設計士や施工店に説明するために、あらかじめ雑誌や画像検索、メーカーのサイトまわりをした上で相談すれば、できること、できないことが具体的に見えてきます。その期間に余裕があるほど後悔や不便の少ない家づくりになります。
  • 当社は、ご希望のイメージをお伝えいただき、予算を見ながらご一緒にお探ししています。

外構のこと…安く抑えて見栄えのあるお庭にするコツ、土地の選び方

新築時の外構工事費用をもっとも安く抑えて見栄えのあるお庭にするコツは、建築計画の初めから一緒に計画することです。
住宅ローンに組み込めば、家の形と一緒に落ち着いて考えることができ、資金も新生活も両方バランスよく見通すことができます。
外構の出来栄えや機能が家の快適さと使い勝手を左右します。一生の買い物ですから満足いく結果にしなければなりません。

外構やお庭を、家のおまけとして、着工後や完成間近に考えるお客様がいらっしゃいますが、資金面でも出来栄えでも得策とは言えません。
家の話だけを先に進めて、外構の話が数分で終わってしまう工務店やハウスメーカーさんは感心できません。

  • 建築工事の中でハウスメーカーにどれだけ造成や擁壁工事をしてもらえるかで、外構造園の工事金額が変わってきます。
    建築計画の時に外構計画をご相談いただくことで、余計な費用を抑えられ、他を充実できます。
    当社は建築もしておりますので、建築のご助言もすることができます。
  • 事前に土地探しの段階から、地形による外構工事金額の変動を検討されることをぜひお勧めします。
    特に高低差のある土地では、外構工事に百万円単位の増額が出ることがあります。さらに最近では豪雨時の排水の問題も重要な問題になっています。
    (当社別ページ >>『土地条件・法規制』へ